スポンサーサイト


スポンサーリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nanaでPCのオーディオインターフェースを使って録音する方法


スポンサーリンク


最近nanaに歌を投稿しています。
iPhoneにiRig Mic Studio を接続して録音していたのですが、やはりPCのDAW環境にはかなわないように思います

ただ、自分のPCのオーディオインターフェースはRolandのQuadcapture (UA-55)で、同じRolandのDUO-CAPTURE EX UA-22のように直接iPhoneなどのiOSにつなげられるわけではありません

なんとかならないかなあと考えて調べて、結局以下のように実現しました。
※予めお断りしておくと、たまたまiPhoneとつなげられるiRigを持っていたのでできました。まったくiPhoneと接続できるものを持っていないとできるわけではありません。


録音したい伴奏のnanaのページをパソコンで開き、その音声ファイルをダウンロード
いろいろ方法はあると思いますが、わたしはFirefoxのアドオンでVideo DownloadHelperを使っていますので、こちらでmpegファイルをダウンロードできました。音声ファイルではなく動画ファイル形式ですね…。

先ほどの音声ファイルをDAWで開く
わたしはCubase Elements 6を使っていて、動画ファイルから音声ファイルを直接取り込む項目があるので、それを使いました。変換サイトやソフトで音声ファイルだけを抜き出す方法もあると思います。

DAWを使って録音
まあ、これは普通に録音すればよいと思います。

iPhoneとPC(オーディオインターフェース)をつなぐ
これが一番環境によって違うところかと思いますが…。わたしはたまたま(元々ギター用の)iRigを持っていたので、UA-55のヘッドホンジャックとiRigをギターシールドでつなぎ、iPhoneと接続できました(ヘッドホンはiRigにつなぐ)。iRigではなくても、他にもiPhoneとつなげられるものならなんでもよいと思いますが、ここは品質に関係してくるかと思います。ちなみに自分の耳では、iRig HDですらない普通のこのiRigで、特に音質的な問題は感じませんでした。
参考までに写真も付けておきます。

nana_DAW.jpg


nanaでの録音と、PCのDAWの再生をタイミングをあわせて行う
ここは手動でやるしかないので、何度か試すしかない…。もちろんPCの伴奏はミュートして、録音した歌だけが再生される状態にしておきます。UA-55のヘッドホンの出力レベルはほぼMaxの状態でちょうどよい録音レベルでした。
あと、ダウンロードした伴奏の音声ファイルは最初に少し余白があるようです。nanaの5,4,3,2,1のカウントダウンが終わったタイミングで、PCの再生を始めてもなぜか合いません。大体、0.330〜0.340秒くらいにPC側演奏の開始位置を進めて、カウントダウンと同時に再生させるとよい感じでした。

nanaは音が悪いと言われていたので、DAW上で音がよくてもあまり変わらないのかなと思いましたが、そんなことありませんでした。やっぱり直接iPhoneで録音するのとは出来がだいぶ違いますね。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

Internet-IT

Author:Internet-IT

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。