スポンサーサイト


スポンサーリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古いCubaseでiRig Micを使った時にノイズが出るのを解消する方法


スポンサーリンク


わたしはCubase Elements 6という古いCubase製品を使っているのですが、先日新しく買ったiRig Mic StudioをUSBでMacとつなげたところ、ノイズだらけでまともに使えませんでした
デバイス設定まわりを見直しても一向に解決せず、途方にくれていたところ、以下の公式サイトを見付けました

CoreAudio2ASIO アップデートパッチ

上記サイトを見てもらえるとお分かりのとおり、以下のように記載されていて、まさにわたしのケースにぴったりです。

OS X 標準ドライバーで動作するオーディオデバイスをお使いの場合、ホストアプリケーションを起動した直後にオーディオ出力からノイズを発生する


ただ、インストールしようとしたところでまた問題が。「Wrong Mac OS X Version. You need at least Mac OS X 10.6.0 to install this software」と表示され、インストールできません。どうやら、インストーラが新しいMac OSを認識できてない模様です。多分、10.10の後ろの10を認識できておらず、1と混同しているのではないかと推測。結局、以下のサイトにあるように、MacのシステムファイルのSystemVersion.plistを「10.9.5」と、10.9に書き換えてあげてインストールし、また元の10に戻してあげることで無事インストールできました

OS X Mountain Lion 10.8 インストールと初期設定
※システムファイルをいじることになり、Appleのサポート外の行為となります。自己責任ですので、慎重に作業し、当該ソフトのインストール以外(再起動も含む)は行わず、インストール後すぐにファイルを元に戻すようにしてください(本来であれば修正したインストーラをSteinbergが用意すべきですが…)。

これで無事、iRig Mic Studioを使うことができました。Macの場合は元々CoreAudioが入っていますが、新しい録音機器のいくつかはこのパッチが必要ということなのかと思います。
ただ、普通に使えるものの、レイテンシーが大きくてモニタリングしながらの録音はかなり厳しいですね…。iPhoneではまったくレイテンシーを感じないので、USBで接続しているせいなのか、元々の機器の仕様なのか、Cubaseが古いせい(LEのせい)なのかは結局分かりませんでした。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

Internet-IT

Author:Internet-IT

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。