スポンサーサイト


スポンサーリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Macでブルーレイビデオディスクを作成する方法


スポンサーリンク


動画を作成して、ブルーレイ(Blu-ray)形式のフォルダ構造にエンコーディングしたまではよかったのですが、Macではそれをブルーレイディスクに書き込むソフトがありません

わたしは書き込み用ドライブとしてLogitec ポータブルブルーレイドライブ(LBD-PMJ6U3MSVW)を、ライティングソフトとしてこれに付属していたToast Titaniumを持っているのですが、Toastではブルーレイ作成のためには追加プラグインを結構な金額を払って購入する必要があります。

なんとか、無料で作成できるソフトがないかと探したところ、ExpressBurnというソフトを見付けました。家庭用で非営利目的で使う限り無料で使えるようです。

(後日追記:無料ではありませんでした…。ブルーレイは試用期間しか無料で作成できないようです。CD作成は無料なのですが、DVDとブルーレイは試用期間が過ぎた後は、有料になってしまうようです…。1万円ほどするので、Toastの方が安いですね。。試用期間の間は無料なので、急ぎMacでブルーレイを焼きたい場合には使えるかと思います。)



この手のソフトには怪しいものも多いようですが、ちゃんとしたソフトウェア会社のもののようですので、その点でも安心ですね。

このソフトで、BDディスクの構造のまま、ファイルシステムを「UDF」にしてディスクを焼くと、ちゃんとブルーレイプレーヤーで再生できるディスクが作成できます。

Express Burn


続きを読む

スポンサーサイト

SonyのSRS-X1でステレオペアリング時に接続が切れる際の対処方法


スポンサーリンク


Sonyの防水スピーカーのSRS-X1は、ステレオペアリング機能があり、SRS-X1を2台持っているとステレオスピーカーとして使用することができます

SONY

ただ、ステレオペアリングすると、Bluetooth接続が一旦切れてしまうようです
こうなると、スマホやパソコンのBluetooth設定から、SRS-X1を選択して接続してあげないといけません。
SRS-X1の電源を入れる際は、スマホやパソコンから自動的に接続されるのに、ステレオにすることで接続が切断されるため毎回手動で接続しなくてはならずとても面倒です

インターネットを検索しても特に同じ症状に悩んでる人はいなさそうでしたが、マニュアルを見たところ、ヒントになりそうなものが載っていました。パソコンにうまくつながらない時の解決法として掲載されていたものです。

それは、再生/一時停止ボタンを押してあげること
これでスマホやパソコンの接続元から、SRS-X1が再度認識され、自動で接続できるようになりました

毎回手動で設定はあまりに面倒と思っていたので、方法が見つかってよかったです。
(ひょっとしたらもっといい方法があるのかもしれませんが…)


アクセスカウンター
プロフィール

Internet-IT

Author:Internet-IT

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。