HandBrakeなどで作成した動画ファイルに好きなチャプターを付ける方法

多機能かつ簡単に使えて、動画ファイルの作成にとても重宝しているHandBrakeですが、チャプターを追加する機能はありません(変換前の動画に含まれているチャプターを引き継ぐ機能はありますが)。
チャプターを後から追加できるMac用のソフトはないかなと探したところ、とてもよいソフトを見付けました。

Subler

使い方は以下のサイトが詳しいです。
Macで動画にチャプターを作成・追加する。

使い方でちょっとしたヒント。
大量の動画にチャプターを付ける時は、一つずつ追加したり、上のサイトのように直接ファイルをいじるよりも、メニューから数分おきに追加するという項目があるので、これで追加する大体のチャプター数となる分数を選び、チャプターの時間を修正していくのが楽でした。

subler.png

あと、上記サイトのコメント欄では、m4v形式ではなくmp4形式じゃないとチャプターが追加できないとありましたが、自分の環境ではm4vでも追加できました。現在のバージョンでは修正されているのかもしれません。

古いCubaseでiRig Micを使った時にノイズが出るのを解消する方法

わたしはCubase Elements 6という古いCubase製品を使っているのですが、先日新しく買ったiRig Mic StudioをUSBでMacとつなげたところ、ノイズだらけでまともに使えませんでした
デバイス設定まわりを見直しても一向に解決せず、途方にくれていたところ、以下の公式サイトを見付けました

CoreAudio2ASIO アップデートパッチ

上記サイトを見てもらえるとお分かりのとおり、以下のように記載されていて、まさにわたしのケースにぴったりです。

OS X 標準ドライバーで動作するオーディオデバイスをお使いの場合、ホストアプリケーションを起動した直後にオーディオ出力からノイズを発生する


ただ、インストールしようとしたところでまた問題が。「Wrong Mac OS X Version. You need at least Mac OS X 10.6.0 to install this software」と表示され、インストールできません。どうやら、インストーラが新しいMac OSを認識できてない模様です。多分、10.10の後ろの10を認識できておらず、1と混同しているのではないかと推測。結局、以下のサイトにあるように、MacのシステムファイルのSystemVersion.plistを「10.9.5」と、10.9に書き換えてあげてインストールし、また元の10に戻してあげることで無事インストールできました

OS X Mountain Lion 10.8 インストールと初期設定
※システムファイルをいじることになり、Appleのサポート外の行為となります。自己責任ですので、慎重に作業し、当該ソフトのインストール以外(再起動も含む)は行わず、インストール後すぐにファイルを元に戻すようにしてください(本来であれば修正したインストーラをSteinbergが用意すべきですが…)。

これで無事、iRig Mic Studioを使うことができました。Macの場合は元々CoreAudioが入っていますが、新しい録音機器のいくつかはこのパッチが必要ということなのかと思います。
ただ、普通に使えるものの、レイテンシーが大きくてモニタリングしながらの録音はかなり厳しいですね…。iPhoneではまったくレイテンシーを感じないので、USBで接続しているせいなのか、元々の機器の仕様なのか、Cubaseが古いせい(LEのせい)なのかは結局分かりませんでした。

続きを読む

Atermの外付けHDD(USB)がInfuseで認識できるようにする方法

個人的な備忘メモとして。
ローカルハードディスク(HDD)やUSBで保存している動画を、Apple TVで観られるようにするため、Infuseというソフトを使用しています。

このソフト、ファイルをsmb形式で共有するのですが、なぜかうまいきませんでした。
ルーターのAtermのUSB端子にHDDやUSBを指していたのですが、いろいろ調べたところこのAtermの設定にコツがいるようです。
解決法は以下のとおりで、ルーターだけでなく、「I-O DATA-1」など、外付けHDD等の共有リソース名を入れてあげる必要があるようです

OS X v10.9以降を搭載したパソコンからAtermに接続したUSB HDDにアクセスできない件

Macでハードディスク(HDD)の空き容量が急に増えたのを戻す方法

Windowsほどではないのですが、Macでもいつの間にか空き容量が急に減っているということがありました。そこで、不要なファイルを削除し、空き容量を増やす方法です。

まずは以下の方法で、自分のMacで容量をとっているフォルダを調べることができます。

ハードディスクの空き容量が極端に少なくなる場合の対処方法

上記のページにあるように、このコマンドで調べられます。

sudo du -g -x -d 5 / | awk '$1 >= 5{print}'



あとは、予想外に容量があるフォルダのファイルのファイルサイズを確認してきます
自分の場合は、Adobe Media Encoderのキャッシュファイルが残っているのが原因でした。これまでの動画等の変換時に作成されたキャッシュがそのまま残っていたためです。
こちらはAdobe PremiereとEncoreでの対処方法を書いたものですが、方法はMedia Encoderでも同じです。

ハードディスクの空き領域が徐々に減っていく(Premiere Pro/Encore)

これで5GBほど容量をあけることができました。同様の症状の人がいてAdobe製品を使っていたら、疑ってみてください。

Macでブルーレイビデオディスクを作成する方法

動画を作成して、ブルーレイ(Blu-ray)形式のフォルダ構造にエンコーディングしたまではよかったのですが、Macではそれをブルーレイディスクに書き込むソフトがありません

わたしは書き込み用ドライブとしてLogitec ポータブルブルーレイドライブ(LBD-PMJ6U3MSVW)を、ライティングソフトとしてこれに付属していたToast Titaniumを持っているのですが、Toastではブルーレイ作成のためには追加プラグインを結構な金額を払って購入する必要があります。

なんとか、無料で作成できるソフトがないかと探したところ、ExpressBurnというソフトを見付けました。家庭用で非営利目的で使う限り無料で使えるようです。

(後日追記:無料ではありませんでした…。ブルーレイは試用期間しか無料で作成できないようです。CD作成は無料なのですが、DVDとブルーレイは試用期間が過ぎた後は、有料になってしまうようです…。1万円ほどするので、Toastの方が安いですね。。試用期間の間は無料なので、急ぎMacでブルーレイを焼きたい場合には使えるかと思います。)



この手のソフトには怪しいものも多いようですが、ちゃんとしたソフトウェア会社のもののようですので、その点でも安心ですね。

このソフトで、BDディスクの構造のまま、ファイルシステムを「UDF」にしてディスクを焼くと、ちゃんとブルーレイプレーヤーで再生できるディスクが作成できます。

Express Burn


続きを読む

アクセスカウンター
プロフィール

Internet-IT

Author:Internet-IT

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR